忍者ブログ

花しるべ

「桜御膳」内のFiction別館サイト。取り扱いはポップンミュージック(非公式)が主。 初めての方は〔はじめに〕をお読み下さい。  
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

貴方のままで(Deuil)

リビングに下りてきたっスね。

気配をいち早く感じ取ったアッシュは新聞を掴んで歩き出した。

 

 

 

 


 

+++貴方のままで+++

 

 

 


 

 

 

「お早うっス、ユーリ!」

「・・・あぁ、お早う」

新聞を受け取った城の主はまだ夢と現の狭間を彷徨っている。

 


 

「今日の朝食はどうします?何かリクエストありますか」

「何でもよい・・・出来たら呼んでくれ」

そういってユーリはソファに座り、新聞を読み始めた。

 

 



さて、どうしようか。

狼男は迷っていた。

 

 

新聞を読んでいる吸血鬼の言葉――「何でも良い」を鵜呑みにしてはいけない。

アッシュはそのことを重々承知していた。

ユーリはリクエストを一々口にするのが面倒で話さないが、

彼の中で食べたいものは既に決まっているのである。

願っていたものと違うものが運ばれて来た時に見せるユーリの不機嫌さは身に沁みている。

そしてアッシュはユーリを不機嫌にさせる確立の方が断トツに高かった。

そう、“ある時”を除いては。

 

 

 

 

 

(昨日は洋食だったし…今日は和食にするっスかね)

「あ~ダメダメ、今朝のユーリ、アレは洋食が食べたいって顔だよ」

「…本当っスか?スマイル」

「本当も本当。大マジさ。ついでにいうとトーストじゃなくスコーンね。

あと紅茶はいつもより甘くしておいた方が良いよ」

 

 

 

 

スマイルの助言に従って用意をした朝食は必ず、ユーリを満足させるのだ。

今朝も多分に漏れずそうだった様で

「作詞で集中し続けていたからか、少し甘いものが欲しかったところだ」と

ユーリは機嫌よく自室へ戻った。

 

 

 

 

 

+++

 

 

(どうしてスマイルはユーリの考えてることが分かるんスかねぇ…)

朝食後の皿洗いをしながら、アッシュは今朝の出来事を回想していた。

 

 

低血圧のユーリは機嫌が悪い上に殆ど喋らない。

アッシュはそんな時、ユーリが何を望んでいるのか全く読めずにいる。

今朝のようにスマイルがユーリの意見を素早く汲み取ってアッシュに伝え、

ユーリの機嫌を損ねないように助けられたことは数知れない。

 

 

 

慣れない考えごとをしていた所為か、アッシュは背後からの気配に全く気付かなかった。

「…今君、どうしてスマイルはユーリの考えてることが分かるんだろうって思ってたデショ」

「!?な、なんでそれが?」

 

 


 

つるり。

    カシャン。

たった今自分が考えていたことが一字一句、ずばりと言い当てられた。

動揺したアッシュは手を滑らせ、洗っていた皿を落としてしまう。

 

 

 

 

 

やっぱり君は分かりやすいねぇ

細身の透明人間はククク、と笑い声をあげる。

 

 

「簡単なことさ。ボクとユーリはね、似てるんだよ」

「似てる・・・それは、考え方がってことですか?」

 

 

うーん、それだとちょっと語弊があるねぇとスマイルが答える

「性格…感性…何と表現するのが1番しっくり来るかな?

何処かそっくりな部分があるんだよ」

  

まぁ後は単純に付き合いの長さによる経験の蓄積ってのもある

あの人、分かりにくそうで単純な面も多いから

そう言ってスマイルは目を閉じた。

 



「でも君は――こっち側に来ちゃいけない」

わざわざ闇の性格になることはない。

君は既に光の性格を持っているのだから。

 

 

 

 



 

「スマイルのいう こっち側、ってのはよく分かんねぇっスけど・・・

でもどうせなら俺も、スマイルに頼らずユーリの考えが分かるようになりたいっスよ」

そう答えるアッシュの顔は真剣そのもので、スマイルは返答を迷った。

 

 

 

 



 

「ま、物事には適材適所があるってことで諦めなよ~

得意なこと、不得意なことがあるから面白いのさ、人生って」

「はぁ・・・それもそうっスよね。もう少し自分でも努力してみるっス」

「そうそうソレでこそアッス君だよ★

まぁこれから先1ヶ月のご飯をカレーにしてくれるっていうなら・・・」

「その交渉には応じないっス」

 

 

 

アッシュのけちー

くるりと背を向け、皿洗いに戻ったアッシュから離れて、

スマイルは自室へ向かう廊下を歩いていた。

 

 

「ボクとしたことが危ない危ない。うっかり口を滑らすところだった」

彼は本当に素直な性格で、ついこちらの本心を打ち明けたくなってしまう。

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

「君は君のままで良いのさ。その、眩しいほどの光の性格でねぇ」

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

(ちょっと照れくさいから面と向かっては言えないけれど

光がなくちゃボク達、闇は存在できないんだから、ネ?)

 

 

 

 

 






 

Fin.

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

アッシュの考えや行動に2人は青臭さを感じる一方、自分には出来ない言動に少し羨んでいるのではないでしょうか。

今更自分の性格を変えるつもりはないでしょうが、少しだけ、アッシュの光の性格に眩しさを覚えるのです。

やっぱり、3人揃ってこそのDeuilなのですね。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
くず餅(ずも)
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
落書き・妄想・弓道

× CLOSE

Copyright © 花しるべ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]