忍者ブログ

花しるべ

「桜御膳」内のFiction別館サイト。取り扱いはポップンミュージック(非公式)が主。 初めての方は〔はじめに〕をお読み下さい。  
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

永遠にさよなら

第四話。 今までありがとう。大好きだよ。

パパはこの本を持っていた自分が悪いと言い
ママはあの日スマイルを一人にした自分が悪いと言い
ボクは軽はずみな判断でこんな行いをした自分が悪いと言った。
本当に悪いのは誰なのかなんて、判りきった問題だったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

+++永遠にさよなら+++

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日からボクは学校を病気という理由で休むことになり
お見舞いに来たボクの友人達は、ママがボクに会わせようとしない事を不思議に思った。
ボクはあの夜以来満足にものに触れられなくなってしまい
意識を集中しないと椅子に座りペンを持つことも
壁に手を付けることも出来なかった(簡単に通り抜けてしまうのだ)

 
パパとママの疲れは日に日に酷くなっていき
真夜中まで2人が話し合っている姿を毎夜見るのは辛かった。

 

 

そしてあの日から1週間が経った夜。
パパとママは真面目な顔をして言った。

 

 

「スマイル…パパとママは、お前を元の姿に戻す方法を探すために出かける。
どんな僅かな希望であっても、その望みにかけてみるつもりだ」

「貴方はそれまで此処で私たちの帰りを待っていて欲しいの。
パパとママからの約束よ?守れるわね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、これは嘘だ。
パパとママはきっともぅ、此処には戻ってこないだろう。
こんな不気味な子ども、パパとママだって要らないもの。

 

だからボクも2人に最後の嘘をつくことにする。
パパ、ママ。本当にごめんね。

 

 

 

 

 

「うん、分かった。パパとママが帰ってくるのをちゃんと待ってる。約束」

 

 

++++

「スマイル、いい子にしているのよ」
「私達は必ず帰ってくる。それまで…待っていてくれ」

 

 

「大丈夫だよ。パパとママこそ気をつけてね。
…いってらっしゃい」

 

 

 

 

ボクは精一杯の笑顔で2人を見送った。
パパとママに、この笑顔が少しでも記憶に残るように。
ボクはいつも笑っていたと、思い返して貰えるように。

 

 

 

 

 

 

その後ボクは家中のものに ありがとう と言って回った。
満足にものに触れられない今のボクには、それ位しか出来なかったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、この家に別れを告げるように
そっと扉を抜けよう。
大丈夫、寂しいことはない。
パパとママにちゃんと、さよならを言うことは出来たから。

 

 

 

 

 

こうしてボクはひとりになった。
満月の光がやけに眩しい、冷ややかな夜のことだった。

 

to be continued…

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
くず餅(ずも)
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
落書き・妄想・弓道

× CLOSE

Copyright © 花しるべ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]