忍者ブログ

花しるべ

「桜御膳」内のFiction別館サイト。取り扱いはポップンミュージック(非公式)が主。 初めての方は〔はじめに〕をお読み下さい。  
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

す・ま・い・る?(スマイル・ポエット)

笑うと、幸せがやってくるんだよ?



 
「・・今、なんて言ったの?ポエット」

「だから、私もスマイルみたいになりたいって!」




にこにこと笑いながら、目の前の天使はそう断言した。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



+++す・ま・い・る?+++
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


「・・・ちょっと~なになに突然のジョーク?突拍子過ぎて面白くないよ」

「ジョークじゃないもん!私、本当にスマイルみたいになりたいの!」




ポエットはちょっと怒った様子で、ボクを正面からじっと見つめた。
その表情にボクは返事につまってしまう。 
 
 

冗談じゃない。ボクみたいになりたいだって?
人間から妖怪へと姿を変えた、このボクみたいに? 
 
 
 
 
 
 
 
 

キミは天使じゃないか。
真実を映し出せる、澄んだ瞳を持ってるじゃないか。
疑う事を知らない、清らかな心を持ってるじゃないか。
皆に幸せを届ける、亜麻色の喇叭を持ってるじゃないか。
聴く者の心を振るわす、甘やかな歌声を持ってるじゃないか。
どこまでも羽ばたいていける、純白の翼を持ってるじゃないか。


そんなたくさんのしあわせを持っているキミが、なぜ?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・どうしてボクみたいになりたいの?」


ポエットはきょとん、とした顔つきをした。
そんなの分かりきってるじゃないか、とでもいわんばかりに。
 
 
 
 

「だって、スマイルはいつも笑っているから!
ほとんどの人が見向きもしないどんな小さな出来事にだって、
とってもとってもしあわせそうに大きく笑っているから!だから!!」 
 
 
 
 
 


私は皆に幸せを届けるのがお仕事だから、
どんな小さな幸せも見逃さないスマイルが羨ましいのだ、と彼女は言った。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紅茶が美味しく淹れられた、とか
庭の薔薇の蕾がようやく膨らんできた、とか
傷の手当てをしていた小鳥が羽ばたき始めた、とか
今までに見た事がないくらい綺麗な装丁の本を見つけた、とか


ボクが幸せと感じるラインはとても低い。
それは日常の中で何でも幸せだと感じないと、辛くてとても生きていけなかったから。 
 

でもそんなボクにも仲間と呼べる人が出来て。幸せの回数はどんどん増えた。
それはもぅ、数え切れないくらいにね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「そっかぁ・・そんな嬉しい事聞いちゃったら、またボク幸せになっちゃうよ?」

「あーずるい、スマイルだけしあわせになるなんて!私も!」

「ヒヒッ・・じゃあ2人で幸せになっちゃう?」

「うん!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

皆の周りにも幸せはたくさん転がっているんだよ。
それを見つけ出すコツは・・・まずよく笑う事かな?ヒヒッ、なーんてねぇ・・・







fin.

 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 
唐突にスマポエ小説。いやもぅ本当スミマセ…!(ガタタ) 

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
くず餅(ずも)
性別:
女性
職業:
社会人
趣味:
落書き・妄想・弓道

× CLOSE

Copyright © 花しるべ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]